京ぽん&Pj 二刀流でGo!

 | 

2005-11-05

Dポウィルコムとの付き合いも長いが(73ヶ月)

自分的に革新的な変化だと思った節目は

PメールDX

Eメール機能

つなぎ放題コース設立(PCネット放題)

AirH"PHONE登場(電話機単体ネット接続)

てなとこですね。PメールDXをきっかけにPHS持ちましたし、Eメールパソコンにつながないでできるのは、当時としては画期的でした。

つなぎ放題の存在は今でも偉大です。PC電話線の位置関係からADSLにできないので、電話ダイヤルアップから解放してくれる唯一の存在です。

AirH"PHONEのメリットは外出先(せどり先)でもネットできること。本当にこの時を待ち続けていました。

いろいろ述べましたが重要なのが、これらの変化は全てウィルコム側のサービス拡大によるものだということ。

電話機独自の機能は「あったらいいね」レベルの便利さだが、ウィルコム側のは「絶対にあるべき」や「なくなったら困る」レベルだろうと思う。

京ぽんが余りにも画期的な端末なだけに、電話機が臨終するまでは機種変はしないだろうと思う。上記レベルの革新的な変化をウィルコムがしない限りは。

同じ基本料金で回線の基本速度の1Xを32kから、64kや128kに拡大するくらいの事をやってもらいたいものだ。

ゲスト



トラックバック - http://phs.g.hatena.ne.jp/firststep/20051105
 |